VPD、子供の予防接種、新生児の病気

カポジ水痘様発疹症とアトピー性皮膚炎

先日、急病センターでの当直をしているときに、
初めて「カポジ水痘様発疹症」と思われる患者さんを
診ました。

 

 

カポジ水痘様発疹症とは、単純ヘルペスウイルスの感染による
症状なのですが、アトピー性皮膚炎というバックグラウンドがないと、
このような症状とはなりません。

 

 

通常のヘルペス感染では、
口唇ヘルペスや陰部ヘルペスと言ったりしますが、
局所に数個の水泡や発疹が出る程度です。

 

 

これがカポジ水痘様発疹症の場合、顔面、頸部、胸部、背部、など
広範囲にわたって小さな水泡が形成され、リンパ節腫脹や発熱などの
症状も認められます。

 

見た目がハデに症状が出現しますし、
重篤感がありますので、
入院加療となるケースも多いでしょう。

 

 

今回私が急病センターで診た患者さんも、
見た目はかなりハデに発疹が出ていました。
痒みがひどく、見ていて痛々しかったですね・・・

 

 

アシクロビルというヘルペスに効力のあるお薬を
前医にて処方されていましたが、
同時に溶連菌感染症との鑑別が必要と思われ、
抗生物質も処方されていました。

 

 

教科書では見たことがありましたが、
実際も教科書通りの所見で、
見た瞬間に「あ、これは」と思いました。

 

 

ですが、実際に見ると印象に残りますね。

 

 

記事作成日:2011年2月16日