VPD、子供の予防接種、新生児の病気

アクトヒブ・プレベナー接種見合わせ継続

2011年3月8日に行われた専門家による検討会、
前向きなサプライズを少し期待していた自分としては、
今回の「ワクチン接種見合わせ継続」の判断には
非常にがっかりしているのと同時に、
やはり日本という国は知的レベルでもワクチン後進国なのだと
確信するに至りました・・・

 

 

以下は、本日のニュース記事の抜粋です。
そのまま掲載します。

 

 

ワクチン同時接種の乳幼児5人死亡 
厚労省、ヒブワクチンなどの接種見合わせ継続決定
フジテレビ系(FNN) 3月9日(水)6時49分配信

 

小児用肺炎球菌ワクチンとヒブワクチンなどを同時接種した乳幼児の死亡が相次いだことを受けて、厚生労働省は8日夜、専門家による会合を開き、
接種と死亡との因果関係は認められないとしながらも、
さらに情報収集するとし、引き続き、
両ワクチンの接種を見合わせることを決めた。

 

専門家会合では、「接種と死亡との明確な因果関係は認められない」
としたものの、結論までにはさらに情報収集が必要だとして、
3月中をめどに、再び会合を開いて議論するとしている。

 

これを受け、厚労省は、4日から実施している小児用肺炎球菌ワクチンと
ヒブワクチンの接種の一時見合わせ措置については、
当面継続することを決めた。
両ワクチンをめぐっては、2月から3月にかけて、
これらを同時接種した乳幼児あわせて5人が死亡している。

 

 

小児用肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン接種と
死亡との明確な因果関係は認められない

 

 

としながらも、

 

 

結論までにはさらに情報収集が必要だ

 

 

ですか・・・

 

 

一体どんな情報が必要なのでしょうか?
どんな情報を得ようとも、ワクチンとの因果関係を否定も肯定も
できないと思いますがいかがでしょうか?

 

 

→つまり、私には世論の動きを軽快して結論を先延ばしにしたように
しか思えません。これはしかし、本来ワクチン接種で救える可能性が
ある細菌性髄膜炎患者がインフルエンザ菌や肺炎球菌に侵される
子供が産まれることを放置している、ともいえる行為です。

 

 

そもそも、
何故マスコミはこの二つのワクチンが既に海外では10年以上前から
接種されており、しかも同時接種もされており、
安全なワクチンであると証明されている事実を報道しないので
しょうか??
既に2億人以上に接種した実績があるのに?

 

 

確かに亡くなったお子さんについては非常に残念なことですし、
心が痛みます。親御さんにとっては、全体の中の5例という話ではなく、
100%の現実なわけですから悲嘆にくれる気持ちは理解できます。

 

 

ですが、これとワクチン接種を見合わせるという判断とは、
全くの別問題であると思います。

 

 

今日のマスコミの報道でも、
「ワクチン接種後に乳幼児が死亡するケースが相次いでいる」
とアナウンサーが言っていたのをはっきりと聞きました。

 

 

こんな発言をされたら一般市民はワクチンに対し誤解し、
恐怖するばかりです・・・マスメディアの無知による責任は
測り知れませんね。

 

 

「死亡するケースが相次いでいる」というなら、
全ての原因のはっきりしない乳幼児の死亡例を報道してください、
メディアのみなさん。

 

 

SIDS、突然死症候群だけでも日本では150人以上の方が亡くなっています。
そして、SIDSが起きる時期は、ワクチン接種とちょうど重なる
2〜6か月の時期なのです。当然こうした事実は知っていて、
上記のような報道の仕方をしているのですよね??

 

 

同時接種がやり玉にあがっている向きもありますが、
これを単独接種にした場合は、
マスメディアの言うところの
「ワクチン接種後の死亡例」はさらに増えることになることが
予想されます。

 

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

そもそも、厚生労働省の判断は完全に誤っていたと思います。
4例の死亡例報告があり、早計に「ワクチン接種見送り」を
判断してしまった・・・自らの手で遅らせたワクチン導入、
既に諸外国では10年以上前から接種され、実績もあるワクチン
に対して、2億人以上に接種され問題ないとされてきた
これらのワクチンであるのに・・・

 

 

予め解答を教えてもらっているのに、
それにすら気付かず間違った解答をしてしまう、
どこまで愚かなのでしょうか。

 

 

マスメディアのみなさん、「ワクチン接種後に死亡」と
報道するのに一生懸命になるのはみなさんの習性のようですので
諦めますが、今回のワクチン接種見合わせ継続の間に
「細菌性髄膜炎に罹患した子供」が出た場合は、
必ず報道してください。

 

 

その子供は厚生労働省による、愚かな社会による犠牲者で
ある可能性が高いわけですから。

 

 

PS

 

 

感情的になりました。
不適切な表現もあったかもしれません。
ですが、「失望した」という感情を抑えることが
できませんでした。

 

 

空転する政治、愚かな政治家が闊歩する日本という国は、
ワクチンという面に限らず未来は明るくないですね。

 

 

アクトヒブ・プレベナー接種見合わせ継続関連エントリー

VPDって何ですか?VPDを知ろう!
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ワクチンの接種スケジュール〜まずはヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンから!
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ロタウイルスワクチンについての情報です
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
肺炎球菌ワクチン(プレベナー)接種後死亡のニュースについて
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン接種一時見合わせ
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
小児用肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン接種の一時的見合わせQ&A
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン接種見合わせ問題は結論先送り
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
アクトヒブ回収
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンの再開時期
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン再開へ
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
小児肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチンの安全性の評価結果について
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
IPV=不活化ポリオワクチンへの関心の高さに驚く
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
MRワクチンは卵アレルギーであっても接種可能です
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ロタリックス(ロタウイルスワクチン)の価格
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
クアトロバック・・・4種混合ワクチンの説明会がありました
2012年11月より、4種混合ワクチンの接種が開始となります。今日は、アステラス製薬が発売する4種混合ワクチン、クアトロバックの説明会がありました。
B型肝炎胎内感染と考えられる症例を経験
B型肝炎母子感染予防を行ったにもかかわらず、抗体がつかず、おそらくは胎内感染であったろうと考えられる症例を経験しました。