VPD、子供の予防接種、新生児の病気

MRワクチンは卵アレルギーであっても接種可能です

現在私が勤務している病院は、
実は常勤が私一人で、小児科外来としては
予防接種外来受診者数を増やしていこうということで、
2010年10月から(私が常勤一人体制となったのが2010年4月)
取り組んでいます。

 

 

院内で生まれる新生児の退院診察の際に、
母親に予防接種についての教育・啓蒙を地道に続けた結果、
予防接種外来の売上としては従来の4倍ほどになりました。

 

 

現在では、月曜から土曜まで毎日予防接種外来を行っており、
予約で患者が埋まっています。

 

 

さて、そんな中で一つ以前から問題になっている事があるのですが・・・

 

 

私の他に非常勤の先生で60代の女医さん(S先生)がおられます。
こう言っては失礼ですが、医師としてはあまりキャリアを
積んでこられなかったようで、点滴や採血、超音波など、
普通の小児科医が身につけているであろう手技的なものを、
なんと一切できません・・・

 

 

年齢的にも高齢ですから、これからそうした技術を身につけるのは
不可能でしょうが、それよりもさらに性質の悪いことに、
「誤った知識がアップデートされずに、それに固執している」
のです。

 

 

そのひとつが、この記事のタイトルにあるMRワクチンと卵アレルギーに
関するものです。

 

 

MRワクチンは、麻疹・風疹の混合ワクチンですが、
ワクチン製造過程でニワトリ胚細胞、ならびにウズラ胚細胞を
使用しています。

 

 

念のためMRワクチンの添付文書に記載されている
「製法の概要」部分をコピーし掲載しておきます。

 

 

本剤は、弱毒生麻しんウイルス(田辺株)を伝染性
の疾患に感染していないニワトリ胚培養細胞で増殖
させ、また、弱毒生風しんウイルス(松浦株)を伝
染性の疾患に感染していないウズラ胚培養細胞で増
殖させ、得られたウイルス液を精製して混合し、安
定剤を加え充填した後、凍結乾燥したものである。
なお、本剤は製造工程でウシの血液由来成分(血
清)及びブタの膵臓由来成分(トリプシン)を使用
している。

 

 

ニワトリ胚細胞、ウズラ胚細胞を用いていることは確かです。
しかし現在のワクチンは高度に精製されており、
アレルギーを引き起こすほどの抗原性は認められないとされています。

 

 

実際に、MRワクチンの添付文書上の「接種要注意者」の項目には、
卵アレルギーに言及した記載は一切ありませんし、

 

 

予防接種のガイドラインにも

 

 

 

一般的なアレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、
アレルギー性鼻炎など)やアレルギー(またはアレルギー体質)があるだけでは
接種不適当者にはならない」と明記されています。

 

 

こうした事実を知ってか知らずか、はたまた別な理由があってなのか、
S先生はMRワクチン目的で受診した患者の親に、延々と30分もの間、
ああでもないこうでもないと話をした挙句・・・

 

 

うちでは接種できないから他の病院へ行って

 

 

と接種を断っているようなのです。

 

 

結局は万が一アナフィラキシーを起こされた時に、
自分が対処できないので、そうしたリスクを背負いたくない、
ということなのでしょう・・・

 

 

本当に困ったものです。こうした対応をされては、
患者側には正確な情報提供ができませんし、不要な不安を与えることに
なります。クレームや病院の評判を落とす結果につながることもあるでしょう。
今までは裁量に任せてきましたが、どうも最近は目に余る行為が
多いですので、近々対応を取らなくてはならなくなりそうです。

 

 

 

 

 

MRワクチンは卵アレルギーであっても接種可能です関連エントリー

VPDって何ですか?VPDを知ろう!
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ワクチンの接種スケジュール〜まずはヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンから!
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ロタウイルスワクチンについての情報です
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
肺炎球菌ワクチン(プレベナー)接種後死亡のニュースについて
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン接種一時見合わせ
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
小児用肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン接種の一時的見合わせQ&A
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン接種見合わせ問題は結論先送り
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
アクトヒブ・プレベナー接種見合わせ継続
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
アクトヒブ回収
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンの再開時期
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン再開へ
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
小児肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチンの安全性の評価結果について
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
IPV=不活化ポリオワクチンへの関心の高さに驚く
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
ロタリックス(ロタウイルスワクチン)の価格
VPDとはVaccine Preventable Diseasesの略で、「ワクチンで予防できる病気」の意味です。日本はワクチン後進国です。このサイトでは、VPDと子供の予防接種、新生児の病気について書いています。
クアトロバック・・・4種混合ワクチンの説明会がありました
2012年11月より、4種混合ワクチンの接種が開始となります。今日は、アステラス製薬が発売する4種混合ワクチン、クアトロバックの説明会がありました。
B型肝炎胎内感染と考えられる症例を経験
B型肝炎母子感染予防を行ったにもかかわらず、抗体がつかず、おそらくは胎内感染であったろうと考えられる症例を経験しました。