VPD、子供の予防接種、新生児の病気

診療メモ

医師の仕事というのは、本当に毎日が勉強です。

 

教科書には沢山の情報が掲載されていますが、
やはり日常診療の中ではどうしても
「よく分からない」
「これは何故なのだろう?」
というシーンが多々あります。

 

もちろん、経験を重ねて分かる部分も増えては来ましたが、
いまだに細かい部分での疑問点などは常にある状態です。

 

このカテゴリでは、私が日常診療の中で疑問に感じたことを
書いていきます。

 

解答が得られれば、それは新たにコンテンツとして補充
していこうと考えています。

 

診療メモ記事一覧

B型肝炎ウイルスキャリアの母から出生した児

※これは私の以前の診療上のメモをそのまま掲載した記事です。B型肝炎ウイルスキャリアの母から出生した児の、他の新生児に対する感染予防という観点から考察する取り扱いについて  2010/07/02 先日、病棟看護師から「HBV carrierの母から生まれた新生児を、沐浴後、他の新生児と同室で扱うことは...

≫続きを読む

 

トキソプラズマ抗体価について

※このコンテンツは、私の日常診療でのメモとして掲載しているものです。トキソプラズマ抗体価について1. IgM抗体価測定1) 検査の意義と適応 トキソプラズマの母子感染が生じるのは、多くは妊娠中の初感染の時である。したがって、感染から間もない初感染が疑われる妊婦がIgM抗体検査の対象となる。しかし、ト...

≫続きを読む

 

21trisomyと染色体検査

21trisomyと染色体検査について 2010年7月6日火曜日 7/5、21trisomyと思われる顔貌のベビーが生まれた。 ●●ベビー、母は25歳。 在胎37週5日、経膣分娩。Ap 8/9。出生体重2556g。 顔貌異常(外眼角斜上、平坦な鼻など)ありコールされた。 超音波検査上は、明らかな心奇...

≫続きを読む

 

新生児一過性血小板減少症

新生児一過性血小板減少症について 2010年6月28日症例:●●ベビー 在胎38週 出生体重2622g Ap 10/10母がITP、第1子は気胸を機に血小板減少が発見され、第2子である患児も血小板減少を示した。出生時の患児の血小板数は5.7万/ul。紫斑などの臨床症状はなし。外注検査で生化学、CRP...

≫続きを読む

 

新生児の血液型〜判定保留

血液型保留判定   2012年8月29日8月18日に検査した●●ベビーの血液型検査が、「判定保留」という結果で戻ってきた。このようなケースは初めて。以下に検査結果報告の文章を転載しておく。血液型検査結果報告       報告日 8月21日平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。先日ご依頼いた...

≫続きを読む

 

顔貌だけでは診断しかねる21trisomy〜ダウン症候群疑い

2010/12/15、胎児心拍低下のため緊急帝王切開となった。在胎38週4日、出生体重2554g。Apgar score 8/9。臍帯過捻転と倦絡による心拍低下だったと思われる。出生後、保育器に収容し、児の診察をしてみるとどうも怪しい所見が次から次へと・・・ ・筋緊張がやや低下している印象あり ・四...

≫続きを読む

 

塩酸リトドリン(ウテメリン)により新生児に低血糖をきたす機序

塩酸リトドリン(ウテメリン)により新生児に低血糖をきたす機序母体に陣痛抑制剤として使用されている交感神経β受容体刺激薬(リトドリン)は、肝臓のglycogenolysisとインスリン分泌抑制の両方の作用があり、結果的に母体の高血糖傾向を、さらにそのリバウンドとして出生後の児に低血糖を引き起こすことが...

≫続きを読む

 

ケイツーシロップの保存方法

ケイツーシロップの保存方法新生児の消化管出血、頭蓋内出血予防のための、ビタミンK=ケイツーシロップの投与ですが、当院でも生後3か月までの週1回投与に切り替えています。退院時に3か月までの分を処方しているのですが、その際にケイツーシロップの保存方法は?と質問されることがまれにあります。ケイツーシロップ...

≫続きを読む

 

グリセリン浣腸と血圧変動〜浣腸すると血圧が下がるの?上がるの?

グリセリン浣腸と血圧変動今朝のカンファレンスに産科側ドクターから出た、ちょっとした相談事項。高血圧妊婦に対しての、グリセリン浣腸はどうしたら良いのか?というもの。小児科領域、新生児領域でも浣腸処置を行うことは頻繁にあるが、血圧変動との関連を考える機会はほとんどなかった。調べてみると、2007年時点で...

≫続きを読む

 

新生児痙攣発作の一表現型としての無呼吸発作

この3連休も休みなく仕事。もっとも出勤しなければならなくても、患者の状態が安定している時は何らストレスもないのだが、この3連休は様々なことが起こった。最も気を揉んだのが、胎児ジストレスで緊急帝王切開となった児。在胎36週1日。母親は夜間から腹痛を自覚していたようだが、朝まで我慢していた。そして朝にな...

≫続きを読む