VPD、子供の予防接種、新生児の病気

新生児TSS様発疹症(NTED)

患者年齢:0歳0カ月

 

 

家族歴、妊娠・分娩歴、既往歴:母は0妊0産

 

 

診断名:新生児TSS様発疹症(NTED)

 

 

症例要約

 

(主訴)発熱、発疹、活気低下

 

(現病歴)2008/1/5、在胎39週1日、自然分娩にて出生。体重2772g、Apgar score 1分値9点。PROM 18時間。生後6時間後よりチアノーゼが出現したため日齢1、精査目的にて前医入院。日齢3になり発熱出現。右耳周囲より滲出液も認めNTEDを疑われた。その後も発熱持続し活気も低下。日齢4、血液検査にて白血球減少、血小板減少を認めたため重症感染症の可能性もあり1/9当院紹介入院となった。

 

(入院時診察所見)活気不良、皮膚色黄、全身に発疹散在、滲出液は認めず。大泉門膨隆なし、肺野清、心雑音なし、筋緊張低下なし、外表奇形なし。

 

(検査結果)末梢血・生化学:WBC 2700 RBC 528万 Hb 18.6 Plt 5.5万 Alb 2.8 TB 15.83 DB 0.97 GOT 18 GPT 5 BUN 22.0 Cr 0.77 CRP 2.56 AT3 8.6 D-D 3.88 髄液検査:細胞数5/3 Xp;異常なし 超音波検査;心臓は奇形なし、収縮良好。頭部は明らかな出血はなし。腹部にも異常所見認めず。培養:皮膚、便、耳漏、鼻腔、咽頭よりMRSA検出。血液培養、髄液培養は陰性。

 

(鑑別診断)敗血症、髄膜炎、ウイルス感染症

 

(経過)症状、経過より敗血症の可能性(MRSA原因の可能性大)、DICとなる可能性を考慮し治療開始。父へも重症感染症の可能性あり、集中治療が必要である旨を説明した。ユナシンS 150mg/kg/day、ファーストシン100mg/kg/day、ゾビラックス20mg/kg/回×2、プロジフ10mg/kg×1 3日間、γ-グロブリン500mg×3日間、FOY 2mg/kg/h、アンスロビン 250単位、補液は水分量 125ml/kg/day、Glc6.4mg/kg/h、カルチコール3.7ml/kg/dayにて開始。治療開始後、発熱認めず活気は改善。日齢5、活気良く啼泣激しい。経口哺乳10mlより開始。哺乳良好にて同日ミルク量20mlに増量し補液を漸減。また前医よりMRSA(+)との報告あり、ユナシンを中止しバンコマイシン10mg/kg/回DIV×2開始。その後も活気良好、経口哺乳良好。日齢6よりFOY漸減し日齢9には中止。日齢7、ファーストシン、ゾビラックス中止。血小板数は日齢8までは5万前後で推移していたが、日齢9に16.9万と上昇し、以後血小板減少は認めず。日齢9、バンコマイシン中止、補液中止。1/16(日齢11)、全身状態良好にて前医へ転院となった。

 

(患児・家族への指導、考察)NTEDは黄色ブドウ球菌が産生する外毒素TSST-1が主な原因と考えられており、一般的には予後良好で後遺症などはほとんど見られない疾患である。本症例では、経過中に白血球減少、血小板減少を認め他の重症感染症も想定して治療を行なったが、入院後は速やかに症状改善傾向となり経過は極めて良好であった。当院退院後はしばらく前医にて経過観察をしてもらうが、基本的には予後には問題ないであろうと両親に説明した。

 

 

※この症例の思い出

 

 

NTED:Neonatal Toxic-shock like syndrome Exanthematous Disease
は実はこの症例の後も何例か経験しています。
全て他院出生の正期産児です。

 

 

※他院出生児が入院してきたらMRSAに要注意!
というのはNICUに勤務しているドクターには常識ですよね。

 

 

極低出生体重児の中には確かに敗血症を呈する症例も
あるようなのですが、検査所見上汎血球減少様の所見を
呈しても、症状は意外にも軽微で、時間経過とともに
自然軽快していく症例が多いという印象です。

 

 

この症例も、入院当初はぐったりして活気もなく、
重症感がありましたが、治療開始後すぐに症状の
改善がみられました。

 

 

ただ、入院当初からNTEDだと決めつけて、
他の鑑別診断を完全に除外して治療することは
実際上できませんので、治療開始段階では
敗血症を想定した治療に準ずることになるかと思います。

 

 

記事作成日:2011年2月23日

 

 

新生児TSS様発疹症(NTED)関連エントリー

症例要約チェックリスト
私が小児科専門医試験を受験したのは2008年でしたが、症例要約30例を提出する必要がありました。そのチェックリストです。
先天性表皮水疱症(劣性栄養障害型)
先天性表皮水疱症 小児科専門医試験 症例要約 症例番号@ 
先天性ミオパチー(ミオチュブラーミオパチー)
先天性ミオパチー(ミオチュブラーミオパチー) 小児科専門医試験 症例要約 症例番号A
Down症候群、Fallot四徴症
Down症候群、Fallot四徴症 小児科専門医試験症例要約 症例番号B
急性虫垂炎
急性虫垂炎 小児科専門医試験 症例要約 症例番号C
腸重積
腸重積 小児科専門医試験症例要約 症例番号D
胆道閉鎖
胆道閉鎖 小児科専門医試験症例要約 症例番号E
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
甲状腺機能亢進症(バセドウ病) 小児科専門医試験症例要約 症例番号F
低カルシウム血症
低カルシウム血症 小児科専門医試験 症例要約G
川崎病
川崎病 小児科専門医試験 症例要約I
ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)
ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS) 小児科専門医試験 症例要約J
RSウイルス感染症
RSウイルス感染症 小児科専門医試験 症例要約K
胎便塞栓症候群
胎便塞栓症候群 小児科専門医試験 症例要約L
脳室周囲白室軟化症(PVL)
脳室周囲白室軟化症(PVL) 小児科専門医試験 症例要約M
重症新生児仮死
重症新生児仮死 小児科専門医試験 症例要約N
超低出生体重児
超低出生体重児 小児科専門医試験 症例要約O
気管支喘息
気管支喘息 小児科専門医試験症例要約 症例番号P
肺炎
肺炎 小児科専門医試験症例要約 症例番号Q
急性喉頭気管気管支炎
急性喉頭気管気管支炎 小児科専門医試験症例要約 症例番号R
未熟児動脈管開存症
未熟児動脈管開存症 小児科専門医試験症例要約 症例番号S
心室中隔欠損(VSD)
心室中隔欠損(VSD) 小児科専門医試験症例要約 症例番号21
右室性単心室
右室性単心室 小児科専門医試験症例要約 症例番号22
新生児メレナ
新生児メレナ 小児科専門医試験症例要約 症例番号23
Kasabach-Merritt症候群
Kasabach-Merritt症候群 小児科専門医試験症例要約 症例番号24
血液型不適合
血液型不適合 小児科専門医試験症例要約 症例番号25
両側腎低形成
両側腎低形成 小児科専門医試験症例要約 症例番号26
急性巣状細菌性腎炎
急性巣状細菌性腎炎 小児科専門医試験症例要約 症例番号27
無菌性髄膜炎
無菌性髄膜炎 小児科専門医試験症例要約 症例番号28
顔面神経麻痺
顔面神経麻痺 小児科専門医試験症例要約 症例番号29
熱性痙攣
熱性痙攣 小児科専門医試験症例要約 症例番30